×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

吉田カバン(よしだかばん)は、日本の鞄メーカー株式会社吉田(よしだ)の通称。 PORTER(ポーター)やLUGGAGE LABEL(ラゲッジレーベル)などのブランドを用いている。 多くの製造業者が生産拠点を日本国外へ移転する中、吉田カバンは日本国内生産を標榜し、日本国内においてビジネス用途向け商品を中心に人気ブランドメーカーとして定着している。 「一針入魂」を社是とし使うほどに馴染み、永く愛用いただけるカバン作りを目指しています。メインブランドの「ポーター」や「ラゲッジレーベル」を中心に、素材・パーツ・縫製や持ちやすさにこだわった鞄を提案します。 これらの吉田カバンブランドの各商品はインターネットオークションにおいても高値で取引されるほか、偽物が流通することもあり、2006年2月2日にはインターネットオークションにおいて吉田カバンの偽物を約7,200人に販売した母子2人が逮捕された事例も生じている。 吉田カバンポーターバッグ通販専門店は吉田カバン、グレゴリー、カリマーの正規販売店(または正規品の販売店)です。ご安心してお買い物ができます。もちろん通信販売も大歓迎です。 シンプルで好きにモノを放り込んで使えるポーター トートバッグは、本来カジュアルな鞄でした。ところが、デザインや機能を見直し、ビジネスにも使えるポーター トートバッグが登場。それら様々な個性の鞄を集めました。 最近、鞄を選びに来るお客さんが「これはビジネスでも使えますか?」と聞いてくるケースが増えたのだそうです。特に、ポーター トートバッグを選ぶ方に多いそうで、ビジネスのみ、プライベートのみ、というのではなく、どちらでも使える、スーツにもカジュアルな服装にも合う、そんな鞄としてポーター トートバッグが注目されているようだとのことでした。 確かに、このところ登場している、いわゆる「吉田カバン ポーター ビジネス トートバッグ」と呼ばれる鞄は、カジュアルバッグとしてのヘリテージ トートバッグ ポーターを、ドレッシーにしたり、機能的にしたり、カッチリした素材にしたりして、男の人が仕事で持ちやすい方向にややシフトさせたものが中心。それでも、基本はポーター トートバッグだから、カジュアルで持てる、幅広く使える鞄になっているわけですね。 また、基本的には内装もシンプルで、上から荷物をどんどん放り込めるのが吉田カバン ポーター ビジネス トートバッグの魅力。その自由度の高さ、フレキシビリティの高さも、多様化しているビジネスシーンに対応しているのでしょう。吉田カバン ポーター ビジネス トートバッグは自由度が高い=ビジネスにもカジュアルにも使える、でもありますし。 艶やかなレザーを用い、スッキリとした印象に仕上げた吉田カバン ポーター シーン コインです。革の表面に染料と顔料を塗りこんだ後、表面を少し硬めに仕上げることで、滑らかな質感を生み出しています。スタンダードなデザインになっているので、普段使いはもちろんビジネスシーンにも違和感なく溶け込みます。 ラウンドファスナー開閉を採用した収納スペースは、小銭収納に最適です。仕切りが設けられた大きく開くジャバラ仕様なので、小銭の出し入れもスムーズに行えます。小銭だけでなく、紙幣の収納など用途に応じた使い方も楽しめます。仕切り部分と正面はポケットが設けられ、必要最低限のカード収納も可能です。さらに、キーホルダーも付属。キーホルダーは着脱が可能なので、小銭入れとして使用する際にキーホルダーが邪魔にならずに使用できます。吉田カバン ポーター シーン コインの背面にはクリアポケットが設けられ、定期券やICカード(SuicaやPASMO等)の収納に便利です。 デザインアイコンとして、正面には吉田カバン ポーターネームの上品なオリジナル金属プレートを、内装にはジャガード織りのオリジナル生地を採用。価格帯もお手頃で、年齢問わずお使いいただけるため、ギフトとしても最適です。